消費者金融でもビジネスローンが利用できる

事業資金の借り入れならビジネスローンを活用

自営業の方が個人的にキャッシングを利用したい場合は、必ず確定申告書の提出が必要になります。特に消費者金融では総量規制の関係で、個人への貸付は収入の3分の1までとのきまりがあります。ですから個人事業主の方が、事業用の資金にと思ってキャッシングを個人で利用しようとすると、仮に年収600万円ならば200万円までの借り入れとなります。

 

このように個人の場合、借り入れ限度額は収入に応じたものとなりますので、事業の運転資金としての用途にはそぐわないでしょう。そのような方のためにあるのが各種ビジネスローンです。銀行でもお馴染みのローンですが、消費者金融でも自営業の方向けの金融商品が提供されています。

 

ビジネスローンとは

個人の借り入れと事業用の借り入れで違う点は、やはり審査の内容と早さです。特に自営業者の銀行での融資は審査も厳しく、借り入れ希望額も個人でキャッシングを利用するような小額ではない事が多いのでなかなか借りる事ができず、資金を調達出来ない事業主も少なくありません。

 

銀行ビジネスローンの場合は金利も安いので、そちらで借り入れができればいいのですが、審査は手間と時間がかかるので急ぎの場合には間に合わないという事態も生じ得ます。中小企業などの会社を運営している方は、毎月の資金繰りがスムーズに回らず、一時資金なつなぎの資金などが必要になってしまう場合もあります。そんな時には消費者金融の利用も検討してみる事をおすすめします。

 

申し込み方法は、個人のキャッシングと同様にインターネットや電話、自動契約機での申し込みとなります。個人事業主の場合は、人によって状況が大きく違うはずなので、オペレーターとすぐに相談できる状態で申し込みをすると審査までの流れがスムーズです。ここで注意が必要なのは、あくまでも個人事業主向けのサービスなので、法人の会社は対象外になります。たとえ社員がいなくても、法人化されている場合は消費者金融のビジネスローンの利用はできません。

 

ビジネスローンの審査の場合、個人の審査よりも時間がかかる事があり、融資までは数日を要する事もあります。個人のキャッシングの場合には総量規制がありますが、個人事業主は規制の対象外になりますので、より多くの融資をまとめて受ける事も可能になってきます。ただしその限度額は銀行よりも低く、金利も高くなっています。

 

ビジネスローンの申し込みをする場合

申し込みは個人の借り入れと同様に、最初に審査の申し込みを電話や店舗で行います。必要な書類は、本人確認書類はもちろんのこと、収入を証明するための確定申告書、事業実態を証明する書類として、営業許可証や営業に使用されている各種書類等の提示が必要になります。どのような書類を用意したらよいのかわからない時は、各消費者金融に問い合わせをして聞いてみる事をおすすめします。

 

個人事業主の方が事業用のお金を借りようと思い、個人のキャッシングを利用しようと思う事もあるかもしれませんが、銀行も消費者金融も目的別の金融商品を用意していますので、用途がはっきりしているならばそのような目的別ローンを利用した方がいいでしょう。