外国人は借金がかなり難しい

緊急でお金が必要になるのは日本人も外国人も同じです。だからキャッシングでお金を借りたい外国人もいるはず!だけど実際問題、外国人がお金を借りるのはかなりハードルが高いと言えます、ですが、近親に当たる人が日本国内に住んでいるなら、借りれる可能性もないわけではありません。その場合でも、 保証人はもちろんですが、担保も必要になるでしょう。それが無ければ、まず無理と考えても良いでしょう。それともう一つ重要なのが語学です。日本語が話せなければ借りることは困難です。

 

ですが、仮に外国人だとしても、日本国内で住んでいるのであれば、話は別です。キャッシングが出来る可能性も高くなります。と言っても、日本人と比べると審査はかなり厳しくなると思って間違いありません。キャッシングも今は即日で借りることができます。ですが、外国人だと審査や手続きなど、手間がかかるため即日は難しいケースがほとんどです。場合によっては、本国に照会したりするため、一週間程度の期間が必要になることもあります。このように外国人がお金を借りるのは難しいわけですが、滞在が観光目的などの場合はキャッシングは無理だと思ってあきらめましょう。

 

もし、永住権があったら?保証人がいたら?

同じ外国人でも永住権があれば話は別です。審査もすんなりと通ることが多いです。しかし、それ以外の場合は至難の業と言えるでしょう。国内居住は最低条件ですが、いつ帰国するかわからない人にはお金を貸せないのは当然かもしれません。

 

日本国内に近親者や知人がいれば可能性はゼロではありませんが、かなり難しいです。言語が英語などメジャーな言語でなければ会話も困難かもしれません。通訳に関しても、それが用意できる消費者金融の業者は限られていると言えるでしょう。。

 

ですが、諦めるのは早いです。外国人OKという業者もあるにはあるのです。それでも、融資が難しいのは事実です。ただ外国人OKという業者はそれなりに外国人向けの融資ノウハウがあったりします。融資を受けたい外国人の人は外国人への融資の実績を持つ業者に行ったほうが良いでしょう。ただ知人もいない外国人の場合は融資は絶望的かもしれません。

 

まとめ

以上の点から外国人の融資に関しては次のことが言えます。

 

  • 永住権を持っている場合は融資の可能性がある。
  • 日本語が話せない人は融資は困難。
  • 保証人がいない人も融資は難しい。

 

このように日本でキャッシングなどでお金を借りるには永住権があるかないか、日本語が話せるかどうかという点が大きなカギとなります。また、保証人がいるとかなり可能性が高まります。ですが、基本的には外国人の融資は日本人に比べるとはるかに難しいと言えます。