キャッシングの審査ポイントは「正直に申告」すること

キャッシングはウソが通用しない世界です。自分の収入・生活に合ったキャッシングを選び、審査をしてもらうことがポイントになります。キャッシング審査はどんなことをしているのかご存知でしょうか。私が最初にキャッシングの審査を受けたときにも、審査結果はどうなるんだろう、通過するんだろうか、拒否になったらどうしようなどと悩み、心配していたときがあります。ですから、キャッシングの審査はいったいどんな部分を見ているのか、そして見られている部分はどこなのかということについて述べていきたいと思います。

 

審査時に大事なのは嘘の申告は絶対にしないということです。キャッシング会社はあなたの過去の借入状況や延滞の有無についてすべてわかっていると思ってください。嘘をついて申告しても絶対にわかってしまい、結果的に落ちているといったケースが多いのです。しかし、支払いの延滞がなく、一度も滞納したことがないといったケースで嘘の申告をしなければ、審査には通る確率が非常に高いと言えるでしょう。

 

たとえ借入金が大きくても、その金額を正直に申告すると、自分の経済状況を正常に認識し、管理できていると判断され、結果的に良い審査結果になるケースもあります。前述しましたが、キャッシング会社は申し込んできた人の情報を把握しており、情報を隠して申告してもバレてしまう可能性は高いので、キャッシングに申し込むときには嘘をつかずに申し込むのが当然であり、その正直さが認められることもあるので、申告は正直に行いましょう。

 

借入先を選ぶ

審査依頼をする会社を選ぶときに大切なことは金利や限度額、提出する証明書関係、在籍確認の方法などです。業者によってこれらのポイントは多く分岐しているので、自分の状況に合わせて審査が通過しそうなところを選んでおくのも大切です。

 

ネット審査や電話審査などが不要な業者も存在します。月々の返済・借入金についても相談に乗ってくれるところも多いため、業者選びにはいくら時間をかけても惜しくはありません。しっかりと選びましょう。切り札的な手段ですが、限度額を最初から低額申請しておき、通過したら限度額を上げる審査を申し込んでみるという方法もあります。限度額が低ければ通りやすいかもしれません。

 

ただ、審査通過には最初にも申し上げたように「正直な申告内容」が大切になります。正直に申告することで業者側もあなたの信頼性や借入履歴などを把握できますので、自分の状況に合わせて業者を選び、限度額や各種手続きの関係でも正しい申告をしているということは「後ろめたさ」がなくなるということに繋がりますので、不安を解消するためにも以下の点にあらためて気をつけましょう。

 

  • 嘘をついてもバレるので、申告時には正直な内容を書いてください。
  • 遅延や事故等の傷がない場合、キャッシング会社の審査は大抵通ります。
  • 限度額を低く設定して通過後に引き上げるという手段もあります。

 

まとめ

正直に申告して書くのが一番よいです。限度額を最初は低く申告して契約後に限度額を上げる申し込みをしてみてもよいかと思います。低い金額設定をすることで最低限、お金は足りますし、交渉を開始することもその後に行うことも可能です。