1社にまとめるだけで、返済がラクになります!

キャッシングを利用していて、特に大きな金額を借りている人は返済に困ることが良く起こります。しかしながら、返済を遅らせると新たに他のキャッシング会社での申し込みができなくなったり、融資が受けられなくなったりとデメリットが非常に大きくなります。この返済遅延をしないために、返済のための借金を繰り返して多重債務に陥る人が結構います。深刻な場合には自己破産につながるわけですが、これは実際にはレアなケースで多くの方はリボ払いを駆使しながら複数社の返済を毎月行っていることがほとんどです。

 

ただ、複数のキャッシング会社を利用していると、毎月設定されている最低限度の返済額というものが重なってしまって、家計が非常に苦しくなることが起こります。この借金の合計金額が100万円を超えている場合には借り換えをするという選択肢が出てきます。借り換えは別名でおまとめローンなどと呼ばれているものです。これは複数のキャッシング会社のお金を一つの会社にまとめてしまうというのが基本的な考え方ですが、100万円を超えた場合には金利が下がるという貸金業法のルールがありますから、それも適応されてお得に返済することが可能になります。

 

やはりまとめることによって、毎月の支払額が一気に下がります。どうしても複数の場合には精神的な圧迫感が出てきますが、一社であれば今月はしっかり返済しよう、次の月は少し余裕を持とうといったコントロールがしやすくなるため、多重債務に苦しんでいる人にとっては救世主になるわけです。

 

貸金業法には様々なルールが存在します

こうした借り換えなどを成り立たせている基礎になるルールが貸金業法です。この法律は何度か改正が行われています。総量規制などのルールも法律の改正によって導入されたものです。この貸金業法を知っておくことによって、消費者金融と銀行系のカードローンの違いや、グレーゾーン金利の存在など、お得にお金を借りるために必要な知識が得られるというメリットがあります。

 

そして業界のルールも把握しておくと、キャッシングに対する不安感もなく、戦略的にお金を借りることができるようになります。借り換え・おまとめローンなどを活用するのも、キャッシング会社が主導したサービス提供で知ることもあるかもしれませんが、実際には自分で調べてアクションを起こすことで、借金に関する悩みがなくなっていくのは確かです。

 

融資額をあえて大きくすることで、結果的に個別で借りるよりも金利が安くなるというのは、知識を持っておかないと思いつかないことだと思います。法律事務所に行けばアドバイスをしてもらえますが、お金がかかることが殆どですから、あまり相談に行かないのが現状です。ですから、最低限の貸金業法の金利のルールを押さえておくことで、借金に関するロスを極力減らすことが可能になります。

 

多重債務を回避して、適切にお金を借りるには

複数のキャッシング会社から借りたことがある人なら良く分かると思いますが、やはり複数の返済が重なると非常に大変です。金利だけを考えてみても節約することができれば、様々なことができたのにと後悔することもあるはずです。ですから、一つの会社に借金をまとめてしまえば、煩雑なお金の計算の必要がなくなり、仕事などにも気合が入って、返済もスピーディに進みます。こうしたキャッシングに対する正しい知識がもたらす相乗効果を逃す手はありません。総量規制は相当の金額を借りないと引っかからないものですが、大きな金額を借りると生活が苦しくなるのは確かです。そのため、自分の給料の額の2割程度という基準を決めることで適切な借り入れができるようになります。

 

最後に

多重債務を起こさずにお金を借りることができれば、余分な手数料を支払う必要がなくなります。困ったらすぐにネットなどから情報を仕入れて、適切な対処法をとることが需要です。借金のための借金をし始めたらアラートが出ていると考えていいでしょう。